2017年05月19日

宇宙人も年をとるのかな??

きょうは我が家の長男について紹介します。
名前を あーち といいます。
人と人の、人と自然の懸け橋になってほしい。そんな気持ちを思って
つけました。
本人は変わった名前なので、嫌がっていますが、
僕はとても気に入っています。(汗。ま、本人も苦笑してくれてはいますが。。)


彼はちょっと変わった特技を持っています。

それはよく気配を消すのです。

例えば朝遅く起きたとき、妻に、「あーちきょう学校?遅くなるの?」
ときくと。
妻「わからない。バイトじゃないの。あー水筒忘れていってる!」

そんな会話をしてるときに、振り向くと、1m後ろでまだ寝ていたりするのです。

これは娘もたまに言うのですが「もう出てったと思った!(驚)」ということがしょっちゅうなのです。

そんな変わった感覚の彼についたあだ名は、宇宙人王子。



彼は形や物に関心が薄いため、びっくりすることを時々やってくれます。
こないだは色が同じ紺、というだけで、僕の靴を履いて行ってしまいました。(;^_^)
普通どこかで違和感を感じて気づくと思うんですが。帰って指摘してもキョトン
とした始末。。

また、あるときは着ているTシャツを裏表に着てしまって、さらにそこから前後逆にするという、
Wでさかさまに着るも自分で気づかず、理容室で指摘されるという、びっくりなこともありました。
(;^_^

今、彼は接骨の学校で勉強をしています。人間界では不思議だらけの彼も、リラクゼーションの世界では、それを地で行く、良い癒し人になると思います。



さて彼の20歳の誕生日が近づいていまして、何か食べたいものある?ときくと
「今度の俺の誕生日は、みんなに焼き肉ご馳走してあげるから楽しみにしていて」と嬉しそうに彼。
これにはびっくりしてしまいました。
自分は自分の親に、誕生日にご馳走してあげる、等という発想は1度ももったことがなかったので、この宇宙人はすごい!いやこのひとはすごい、自分よりも一枚も二枚も遥か上をいっていると感じました。

しかし4人分もあいつお金あるのかな。。ちょっと心配は心配なんですが。。in-the-air_2868055.jpg





posted by にしかわオステオパシー at 16:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

春になりました♪

あっという間に散った桜花のそばから、早くも鮮やかな新芽が
噴き出しています。


皆さんのボディ・ハート・スピリットに波動を合わせていくと、
頭の中は花見をしているように
ぼんやり。自分の中の余計な力がどんどん抜けていき身体がポカポカプカプカ
浮いていきます。そのうち、今度は皆さんの花が花吹雪となって
わたしを包みこむのです。向こうに微かに見える輝きが桜でいうと新芽でしょうか。。


最近本当に欲が無くて困っています。だから何もすることが
ありません。(笑)少し前まではたくさんあったんだけど、
うまいもの食べたい、外車乗り回したい、海外沢山行きたい、
野球優勝したい!とか。(笑)
あれらはどこへいってしまったんでしょうか。

今唯一感じることは50億人全員がしあわせであってほしい。ということです。
だって自分だけ楽しいよりみんなが楽しいほうがすごい幸せですよね。(笑)たぶん。

でももうすでにみんな幸せですよね。だってこんな自由で万能な世の中ないと
思う。大いに悩んで大いに危険を冒し大いに苦しめるのも、自分であらすじがかけるからこそ。
こころやからだに関心が深いからこそ。その先の喜びをみたいからこそ。
大地に自由に抗い大地に帰る、これ以上ない舞台の中で、自由に台本をかいています。
あーもうかくことがないんだけど!(笑)yun_2352.jpg
posted by にしかわオステオパシー at 10:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

最近

深い関わりしかしたくないんです!(笑)
普通の経済活動では満足できないんです!(笑)
表面的すぎて、飽き足りないんです。
身体が魂が一切の表の付き合いを
飛び越えて、求めてくるのです。
あなたと深くつながりたい。
いや、つながっているこの感覚を感じたい!!!

小学2年生のころ、裏の畑あとで、父と1対1で野球の試合を
したんです。一塁ベースだけで、ホームに返ってくれば一点。
打った球は全部自分で取ってきて、ホームまで戻らなきゃいけない。
畑のでこぼこがちょうどほどよく球足を止め、ホームまでの帰還は
良い勝負になるんです。ぎりぎり同時に笑いながら走ってくる感覚が、僕が求めている
一体感なんだなって今日気づきました。(笑)日が暮れるまで、笑いながら走り続けた
あの日。
施術をしていてきょうふと気づきました。僕が施術で求めているものが見えてきた
気がします。今は亡き父も雲の上であの日のことを思い出してくれているかな。
god-is-a-dj_2865696.jpg
posted by にしかわオステオパシー at 11:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする