2012年12月25日

「難病・慢性痛も「とれる」わけとは」 〜治すのは大脳髄質の気づきです〜

先日こんなことがありました。46歳女性の患者さん。20年来の強い肩こりに悩まされています。触ると肩の僧帽筋という筋肉がガチガチにかたまっています。「。。。」
右手にはこれもいつからか思い出せない程、ずっとしびれが出ているとのこと。まずは、筋肉・骨格に問題が無いかを調べます。背骨の動きを一つずつ調べ、骨盤の検査をします。しかし、深い問題は見当たらず。次に内臓を調べます。小腸の腸間膜根という所に可動性の悪い部分が見つかりました。その硬さをほどいていくと、肩の緊張が若干とけはじめました。
しびれはまだ変化がありません。次に脈の緊張を診ます。静脈が浮き出ているところを触診し、どこで詰まっているかを確認していきます。腕の尺側皮静脈という所で硬くなっています。ここを丁寧にほどくと「先生しびれが少し減ってきました」とおっしゃいます。今度は神経を触診し、抹消神経の緊張をとりますが、ここはあまり変化がありません。さすが20年来の頑固な肩こりのある方、身体の疲れ方は複雑なようです。


気持ちを取り直し、今度は、どんなストレスが痛覚に影響を及ぼしているのかを身体に一つ一つきいていきます。色々なストレス状況を作り出しながら、身体がどんな刺激に反応するかを丁寧に探していきます。
電磁波、重金属、食品アレルギー、ウイルス、カンジダ、寄生虫、、身体は反応してくれません。
すると、サトルエネルギーのメンタル体というところで身体が大きく反応しました。(今までどの刺激に対しても無反応だった身体が、一気に緩み、手が整い、バランスが整いました)
「(よし、これに間違いない!)」と思った瞬間、「先生、手のしびれがなくなりました」とおっしゃいます。ここぞとばかり、どんどんメンタル体を掘り下げます。

ところでメンタル体とは、微細なエネルギー波動のことで、身体を包むように取り巻いています。わかりやすくいうと気の流れで、身体に近い順から、生命活動に関わるエーテル体意識活動に関わるアストラル体、外世界との精神性・知性に関わるメンタル体自然の摂理に関わるコーザル(トランスパーソナル体)と呼んでいます。

量子力学に基づいた考え方で、物質とエネルギーは同一のものから派生していると考えます。難しいですよね?これは、治療やヒーリングなど、経験が無いと分かりづらいところなのですが、目に見える肉体を越えて、エネルギーをとらえる時に、非常に重要な観点になります。

細かく場所を調べると、メンタル体という気の流れが、首の後ろ3メートル程の所で、滞っています。「いかがでしょうか?」と僕。「肩が楽になってきたかな。。でもまだ芯に、こりがあります」今度は具体的にメンタル体が、どんな外の世界と繋がっているかを調べます。一個一個、伺いながら手の長さがそろう刺激を調べます。

(場所)
海の中 ×
陸地 ○
空、宇宙 ×
地中 ×
アメリカ大陸 ×
アジア大陸 ○
ヨーロッパ大陸 ×
アフリカ大陸 ×
日本 ×
台湾 ×
朝鮮 ×
韓国 ×
中国 ○
  
(時間)
現在 ×
平成時代 ×
昭和時代 ×
大正時代 ○
  
このとき、全身が、カクン、と弛緩しました。
「肩はいかがですか?」と伺うと、「女性の方は寝てしまっていました」
僧帽筋を触ると、もう芯のこりはありません。

時間と空間を合わせると、ちょうど、日中戦争、のころにぶつかります。何か外からかぶってきている霊的なものですか?と、お身体に聴くと、反応しません。違うようです。
代々血液から伝えられている、DNAの影響ですか?と伺うと、身体はピクンと反応してくれました。

起きた患者さんに伺うと、重りが外れた感じです。とおっしゃっていました。大きな問題が取れたのだと思います。

こういう不思議な経験をする度に、身体は自分だけのものではないんだな、と感銘致します。ご両親、ご先祖様の業、社会の業、国と国の業、さかのぼると動物にまでいってしまうかもしれません。

でも良かったです。お体が良くなって下さって。ほっとする瞬間です。



色々な所に行ったけど治らない。難病の方から慢性痛の方まで、そんな方が沢山いらっしゃいます。こういう方を良くできるのが、一面施術の醍醐味でもあるのですが、「自分の力で治してみせよう!」などと僕が力むと、たいていは良い結果につながりません。(涙)
症状の追いかけごっこになるか、または症状は取れるのですが、後味の悪い雰囲気で終わったりします。で、落ち込みます。(僕がです。。)

痛み(症状)をとることよりも、もっと大切なことは、治っていくプロセスを一緒に感じ、歩むこと=生命のダイナミクスを感じること、です。こんなに楽しいことはありません。
そこには必ず、何ともいえない命の心地よさや気持ちよさがあるからです。
治る、とか、治らない、という次元を超えた、生命の共鳴が起こります。


生命は関係の中で、治りたいと共有できる、範囲のみ、症状は必ずとれていきます。
どんなに素晴らしい技術があっても、患者さんがこの先生とは共有できない、と思ってしまう、と、自ら痛み物質を放出し続けます。

全ては、「関係」なんですね。
奥が深いです。
よく先生の治療は魔法ですか?ときかれますが、僕の技術が特別なわけではなく、患者さんの身体への真摯な姿勢が僕との間に大きなエネルギーを産むのだと思います。その瞬間瞬間に、安心と感銘を頂きながら、そしてさらなる良い関係を作っていきたいと思います。
posted by にしかわオステオパシー at 14:09| Comment(0) | オステオパシーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

症状は結果です。

例えば、ひざや腰の痛みで悩んでいる人の多くは、そのつらい症状を年齢や体重、運動不足のせいにしてあきらめてしまっているようです。しかし、本当にその症状は年のせいですか? 体重が重いせいでしょうか?運動不足のせいなのでしょうか?年をとっても、体重が重くても、運動していなくても痛くない人は痛くない。
なぜでしょう?

それは痛いところに原因があるとは限らないからです。痛いところは長年の結果です。原因ではありません。体は症状(痛み)で異変を伝えようとします。体が本当に求めている所に優しく的確に刺激を与え続けると体は正常なサインを出し始めます。悪い刺激を平然と与え続けると体はその刺激を正当化しようと、う そのサインを出し始めます。それが慢性痛の正体のようです。 身体は優しくしてあげないと本音を出しません。優しく対話するように触診すると、痛みの原因は向こうからこちらにやってきます。

待っていたよ、という感じです。神経抑制テスト、筋肉反射テストという検査法を用い、身体のうそをかいくぐりながら、微妙な反応をたぐっていきます。そして本質的な痛みの原因にせまっていきます。

慢性痛の実際の原因は肝臓の自動性の欠如であったり、足の小さな骨のゆがみであったり、ある感情の滞りであったり、カフェインの過剰摂取であったり、百人百様それらが入り乱れております。
身体と静かに対話していくと身体は見事に本音を吐露してくれます。

難病、難病でどこに行 ったらよいかわからない方はお気軽にご相談下さい。
posted by にしかわオステオパシー at 14:09| Comment(0) | オステオパシーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オステオパシーとはこんな治療です。

オステオパシーとはこんな治療です。

1.なぜ一斉の力を加えず、身体が変化し痛みは治ってゆくのでしょうか。
   例えば、肩関節部は、肩甲骨と上腕骨が組み合わさっています。



   ここで車にぶつかって肩の位置が微妙にズレたとします。



   このとき、自分の身体は強引に元に戻ろうとし、ズレたときに加わった力の方向とは違う方向に戻る力が働きます。



   そのため完全には元にも取れず、組織は中途半端な位置に止まったまま。・・・これが関節がズレた状態です。神経への圧迫が始まります。
   肩関節を元に戻すには、負傷したときと同じ方向を辿って戻らないと、直りません。



   骨は負傷した道へ向かおうとする力を持っています(自然治癒力)。それを阻害しているのは、強いストレスがかかり防御を強くしている脳の仕業なのです。
 
  組織がどこに行きたがっているか、どういう勢いを持っているかを、当院では精妙に触診し、正しい道へと誘導してゆきます。
  (誘導というよりは、むしろ、治ろうという方向に私がどんどん引かれていきます。)
  オステオパシーでは硬直した組織を自由にし、受傷前の位置に戻してゆくという治療をしていきます。)

当院の治療の流れ

@ まず患者さんの状態をカウンセリングします(問診)。悩みの主訴はもちろんですが、患者さんがあまり気にしていない細かい違和感やしびれ、ここが非常に重要になります。

A 一番気になっている部分がどうなっているかを調べます。触って質や熱感、弾力性、緊張度などを調べます。
関節を動かして、質や重さ、動ける範囲、それに伴う痛みの増減を調べます。特に座った時、立った時、歩いた時、うつ伏せになったとき、あおむけになったときに各筋肉の質や緊張度がどう変化するかが重要です。

B 同様に、体全体を調べます。

C ここまで、その方の本当に悪いところ(原因)を絞り、治療していきます。骨を整え、筋肉を整え、内臓を整え、神経のセンサー(固有受容器)を整え、血液・髄液を整え、同じ腰痛でも、個々の患者さんにより整える場所は全く違う場所になります。

D 身体が確実に変化してきた時点で、一回目の治療は終了となります。筋肉の質感や熱感、動きの幅が上がったことを確認して終了になります。

E その場で変化を感じる方もいらっしゃいますが、3,4日後にじわっと変化を感じる方が多いようです。
2回目、3回目の治療も非常に効力を発揮します。


その後オステオパシーの力を実感していただき、定期的にメンテナンスをされている方も多くいらっしゃいます。


オステオパシーが効力を発揮する疾患

筋骨格系疾患 : 変形性膝関節症、肩こり、腰痛、顎の痛み
呼吸器疾患 : 気管支喘息、扁桃炎
消化器疾患 : 胃炎、肝炎、便秘過敏性大腸炎
耳鼻咽頭化科疾患 : 耳鳴り、蓄膿症、メニエル
婦人科疾患 : 生理痛、更年期障害、冷え
泌尿器疾患 : 膀胱炎、前立腺肥大、頻尿
循環器疾患 : 高血圧、不整脈
神経系疾患 : 脳梗塞後遺症、片マヒのリハビリテーション




 現在予約の時間帯は 昼休みの時間帯と夜8時以降です。(午後3時以降は予約優先となります)
予約希望の方は、お電話か窓口で、ご相談ください。(極力ご希望に添えるよう調整いたします)
症状の改善がおそい方、遠方から来院される方、忙しく定期的に治療できない方
患者様の希望もあり、予約をして、長時間、ゆったりとした空間で施術させていただいております。
オステオパシーの治療は繊細、かつ複雑ですので、施術をする側も受ける側もお互いに時間には
ゆとりを持ち痛みや不快に対し共に向かい合いましょう。

人の身体を診ておりますので、機械仕事ではありません。お約束の時間は「だいたい何時ごろ」
という形と、ご理解ください。(前の方の治療反応により長引くこともあります)
 乳幼児同伴の方は、極力予約枠をご相談いただけますと、二児の母である、受付さんが
楽しみに、お預かり、お相手いたします。

また、予約枠が混み合っており、希望の日時がお取りできない場合もございます。
お断りしている方も多く、予約の変更、キャンセルは極力お控えください。
ご理解、ご協力をおねがいいたします。
オステオパシーの無限の力を、皆様の身体の中にある治癒力の深さを信じて引き出していきます。
治療の楽しさ、素晴らしさを日々皆様と共感して参ります。
posted by にしかわオステオパシー at 14:08| Comment(0) | オステオパシーとは | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする