2015年01月28日

顎が開かなくなってしまいました。(泣)

昨日の夜、しょうが焼きを食べてたんですね。なかなか噛み切れなくて、
力をいれていたら、
その後、右顎が何ともいえなく重ーく、しぶーくなり、気付くと5ミリくらいしか開かなくなってしまったんです。いわゆる顎関節症です。
うー声を出すのも辛い。。トホホホ。。

昨日は日中、患者さんとダイナミックなエネルギーの交流が続いていたので、施術後、ずいぶん自分の感覚が変わったなあ、からだが緩んだなあ、と感じていたのですが。。こんなときは急に力を入れると、反動が来るようです。身体が自らリラックス状態を維持しようと、動きを深く制限するんでしょうね。

それにしても痛い。しゃべれない。明日の施術が心配です。こんなときは早く寝るのが一番です。寝れば治る
はず。


今朝起きると。。うー痛い。口が開かない。
お茶漬けを食べるのも痛い。これは重症です。


もうこれは施術が辛くなるので自分で自分を治すしかないと、身体に向きあいました。



筋反射を使って、原因を探っていきます。


まず出てきたのは、「心臓(洞結節)のエーテル体に亀裂があります。そこを補修してください」との反応。
エーテル体を感じ、そこにエネルギーワークを施します。重い溝のような空間を感じ、そこが軽くなるまで、手でエネルギーの流れを作ります。


次に身体を筋肉の反射で調べると、「心臓が左側に強くひきつれていますよ」との体の声。内臓マニピュレーションをして緊張を解いていきます。あ、口が3cmくらい開くようになってきた。まだ痛いけど。



次に「心臓がまだ左上に引っ張られています」という反応。手で心臓の動きを追いかけていきます。居心地の良い位置でリズミカルな動きを促します。心臓が緩んで真ん中に戻ってきました。

口をあけてみます。大きく開けられるようになってきました。しかし強引に最大限あけるとまだ痛い。
さらに調べます。今度の反応は「心臓の中心を感じてください」とのこと。


また心臓ですか!!


心臓の鼓動を感じていきます。その音がなる中心に意識を集中していきます。30秒後、あ、痛くない!!強引に口を開いても痛くない!これできょうも楽しく施術できる!やったー。(笑)


この劇的に変わる感覚は本当に感動もの!!なんですが、、、良く考えると、いかに普段、自分が無理に無理を重ねて身体を硬くしているかということですよね。体に感謝もせず。。いかんいかん大反省です。えらそうなことは全くいえません。気付いてないことって多いんでしょうね。でも硬ければ硬いほど、たくさんの大発見が待ってるはず。未来は!(笑)


しかし、どうもこう心臓の反応ばかり出たのでしょう。肉を食べると消化器系に負担がかかるので心臓も疲れますが、それだけか。。




おそらく昨日はハート(心臓)が身体を超えるほど大きくエネルギーを表現しようとしていたのかなと、漠然とですが、解釈しています。今度時間があるときにじっくり調べてみたいと思います。


さて今日の施術の感想。いつも座って施術をしているのですが、まず全体のポジション・身体のリラックス状態を確認します。普段どうもそのときに左のソケイ部だけがひどく緊張していたのですが、きょうはそのソケイ部の緊張がありません。ソケイ部もリラックスして全体にハーモニーしています。よかったー。痛みを一つ超えると、また一段身体全体が変わります。皆さんの施術は自分自身の施術でもあると思います。からだは気持ちよくなりたがっています♪





posted by にしかわオステオパシー at 15:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

施術は何か楽しい♪

皆さんに触れ多幸感に包まれた時、

自分が誰なのか、何をしているのか、忘れています。(笑。皆さんすみません)

ネガティブな情報は感じず、何かの必要性も感じません

tn.jpg


ただただ気持ちよさがめくるめく浸透し、

皆さんの雄大で優しいエネルギーが圧倒します。

写真は鎌倉の明月院です。
posted by にしかわオステオパシー at 11:56| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

人のからだをゲーム機に例えると。

ゲームセンターにあるエアーホッケーって懐かしいですよね。

子供の頃好きで、よく遊びました。

パックをプラスチックの器具で打ち合うゲームなんですが、時間が

くるとばったりパックが滑らなくなるんですね。電源がOFFになって、

全く滑らなくなる。このとき台の電気エネルギーはなくなり、

シーンとして、パックが台にひっついちゃう。







いっぽう、ONのときに台を触ると、ふわーっと電気が温かい空気場を作り出し、

それがパックをふんわり持ち上げるようにして、滑りを作ります。



yun_2055.jpg






毎日、人のからだを感じていますとからだもこれにそっくりな気がします。

ケガやトラウマを強く受けたからだは、スーッと電源がOFFになったかのように、動きが

感じられない。よーく感じようとすると奥の方にかすかに感じるんですけど、外に出て

き難い感じです。






そのトラウマが解けたとき。ふわーっつと奥にこもっていたエネルギーが

噴出してきます。この感覚が温かくてとても心地良い。


深く繋がってる!という大きな

流れを感じるのです。

人間も神経の電気体なので、エアーホッケーと似ているんでしょう。

ちなみにぼくはエアーホッケーまず負けません。たぶん着ぐるみのホンジャマカにも

負けないと思います。              
posted by にしかわオステオパシー at 15:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする